MI-LABO

みんな幸せになっちゃえばいいと思うんだよね

人生に革命が起きる100の言葉/アルフレッド・アドラーを読み返したので引用する

スポンサーリンク

It is less important what one has than what one does with what one has.

重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。

人生が困難なのではない。
あなたが人生を困難にしているのだ。
人生は、きわめてシンプルである。

人間は自分の人生を描く画家である。
あなたを作ったのはあなた。
これからの人生を決めるのもあなた。

できないことはない。
人はどんなことでもできる。

自分自身の考え方や行動を変えることでしか、未来を変えることはできません。
そして、人は誰もが自らを変える力を持っている。
つまりは、未来を変える力を持っているのです。

遺伝や育て方などの「原因」により行動が規定されるのではない。
人は未来への「目的」により行動を自分で決めているのだ。
だから、自分の意思でいつでも自分を変えることができる。

健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。
不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

人は「認知」や「意味付け」を変えることで、いかようにでも反応すなわち、思考、行動、感情を変えることができる。

人生におけるあらゆる失敗の原因は、自分のことしか考えていないことにある。 

自分に何ができるだろうか?どうすれば他の人に喜んでもらえるだろうか?と考え、それを実行に移す。

そうすれば、悲しい思いや不眠はなくなり、すべては解決する。

 

 

 全てこちらからの引用

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

 

 

アルフレッド・アドラーとは?

オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

アルフレッド・アドラー - Wikipedia 

アドラー関連の記事

関連記事①とても丁寧に解説してくださってます

世界はシンプル、誰でもこの瞬間から幸せになれる~アドラー心理学 - ポジ熊の人生記

関連記事②個人的にはこの記事の要約が大好き

アドラー心理学についての私の概観 - この夜が明けるまであと百万の祈り

アドラーの関連本

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え