読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MI-LABO

みんな幸せになっちゃえばいいと思うんだよね

30人以上の転職活動を成功に導いた3つの質問

スポンサーリンク

f:id:MgMgMikan:20160303212210j:plain

こんばんは、もぐみかです。

実は私、30手前にして転職を3回しています。ありがたいことに回数を重ねる毎に仕事を一層楽しめるような環境を手に入れられており、それでいてどの職場とも良好な関係を続けられておりまして、噂が噂を呼び(?)、転職相談会(転職コンサルタントの真似事のような活動…もとい、ただの飲み会)を開催することが多くなってまいりました。最近手帳を見返したところ、相談を持ちかけられた方の人数がいつの間にやら30人を超えており、その間に私もコツがつかめてきて、ほとんどの方からお礼のご連絡をいただけるようになりました。というわけで、ここにその方法をアウトプットしておこうと思います。

転職に成功する人と失敗する人の違い

転職に成功する人と失敗する人の違い。これ、確実にあります。そして、割と単純です。それは、スキルでも職歴でもありません

自分の理想をはっきりと思い描けるかどうか

これだけです。なーんだ、って思ったのではないでしょうか。でも実はこれ、難しいんですよ。「なんとなく、漠然とした理想」ではダメなんです。「はっきりと」思い描けるかどうかがポイントです。なぜなら、理想を描ければ、その理想に近づく方法も見えてくるからです。

失敗してしまう人の共通点は、自分が何をしたいのか分からないままで、今の状況を変えることばかりを考えてしまっいること。改善することではなく変えることが目的になってしまうと、結果が改善でも改悪でもOKなわけですから、自分にとってベストな未来を考えづらくなってしまうのです。

理想を具体的に考えるための3つの質問

具体的にすると、3つの質問に矛盾なく答えられる状態を目指していただくといいと思います。

1.「どうありたい?」

2.「どうしてそうあれない?」

3.「どうしたらそうあれる?」

以上!この3つにはっきり答えられれば、転職はほぼ確実にうまくいきます。単純ながら、実はこれが難しいのです。なぜなら、3つは矛盾しがちだから。転職に成功するには、「矛盾なく」答えられることが必須条件です。詳細を展開していきましょー。

どうありたい?→理想の具体化

私の1度目の転職を例に挙げます。財閥系不動産会社の営業から、リクルートに転職しました。当初の心境は「給料はいいし仕事もそれなりに楽しい。成績も1位だったりする。けど、何だか物足りない」でした。端から見れば割と恵まれた状況だったと思います。しかしそのときの私の理想は「給料はどうでもいい。命削って何かを成し遂げたい」だったのです(我ながら極端)。

どうしてそうあれない→行動の歯止めになっている理由の具体化

さて、理想が具体化したならば、その理想を邪魔しているものを考えてみます。まぁ単純に、「会社の仕事内容が成し遂げる系のものではない」ってことでした。会社に所属していたって成績はそれなりにいいわけですから、勝手に「成し遂げる系」の活動をする、という選択もできたのですが、それはそれで会社に評価されることはないのです。会社の本来の仕事ではありませんからね。なので、選択しましせんでした。

はい、ここで矛盾しました。気づきましたか?私は「成し遂げる系の仕事をする」ことが理想、としていましたが、そうではなかったようですね。「成し遂げる系の仕事をして、会社から評価される」ことが理想なのです。だって勝手に活動することもできたわけですから。これが矛盾のない正しい認識になります。

どうしたらそうあれる?→理想を実現する方法の具体化

ここで初めて、「環境をかえる=転職する」が選択肢に入ります。理想を叶えるにはそれしかありませんもんね。

まとめると、
理想→命削って何かを成し遂げるような仕事をし、評価されるような環境
理想を実現する方法→転職
になります。

私の転職の結果

結果として、面接でも理想を語ることができ、リクルートに転職することとなりました。今考えても、当時の自分には理想的な職場だったと思います。全力を最善と評価し、そのための方法は本人に任せる。ただし、育てることを会社の使命としている。理想にぴったりの会社でした。理想があったからこそ、出会えた会社だろうと思うのです。

本当に自分にできるのか?は、考えないのがコツ

ちなみに、想像できることは大抵実現できます。方法を考えて、やればいいだけですから。

ただ、「本当に自分にできるのか」を考えると、人間は自分の行動にブレーキをかけてしまうようです。人間は基本的に変化することを求めません。変化にはパワーが必要ですが、一方で動物はそもそも狩りの時以外は省エネが基本ですからね。仕方のないことではあります。

しかし、「自分にできなさそうなことはやらない」ということは、「今できることだけを繰り返し続ける生活が理想」と言っていることと同じです。環境を変えることよりもそれを優先するのならば、転職をすべきではないでしょう。

頭を使って幸せになっちゃいましょう

理想に近づく方法って、実は自身の中に答えをお持ちの方が多いんですよね。でもそれになかなか気づけない。だから、相談に乗るときは、その答えに気づけるよう質問をするだけなんです。

ヒントにしかならないかもしれませんが、自分の幸せの責任は自分にあります。実直に、幸せになっちゃってくださーい!