読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MI-LABO

みんな幸せになっちゃえばいいと思うんだよね

婚約指輪・結婚指輪をどうやって選べばいいのか悩んだのでブランドストーリーを勉強してみることにした(イントロ)

WEDDING

スポンサーリンク

こんばんは、もぐみかです。最近結婚ネタが多いです。ブログネタって頭の中の投影になるもんですなー。まぁ結婚が決まっても、マイナビWの記事にニヤついちゃうけどね。最高だった。絶対実現すると思う。だってジュール・ヴェルヌは言ってました。『人間が想像できることは、人間が必ず実現できる』ってね。やるなマイナビ。 

買う?買わない?婚約・結婚指輪

f:id:MgMgMikan:20160216214818j:plain

さて、本日は婚約・結婚指輪について。私はそもそも買ってもらうか悩みました。高いんだもの。安くて10万円くらい?高いと天まで届くくらい?こわ。指輪こわ。ダイヤって炭素だよね…とか思っちゃう。女子なのに。

でもふと、「この人と一生」って考えたときに、5年後10年後、支えになるものがあるのは嬉しいのかもしれない。と思ったりして。そういう意味では機能として大いに役立つよね。金属の永続性って素晴らしい。ということで、結局買ってもらう方向に傾いております。

ところで指輪ってどうやって選ぶの?

そしていざ、選ぼうと思った今、もうどうやって選べばいいのかさっぱりわからない!ゼクシィ作ってたのに!笑 みんなどうしてるのだろう?ブランドで選ぶ?そのブランドはどうやって選ぶの?ブランドイメージ??そんな曖昧なものに大枚叩いちゃっていいの!?それとも片っ端から試着?でも全部つけて試すなんて無理よね?!なにそれ修行!?

指輪を選びたいのにまずはブランドを選ばねばならぬ

試着するにせよ、しないで買うにせよ、まずは店に行かないと始まらない。しかしその店を選ぶ方法がわからない。だって無数にあるじゃん。時間は有限なのに。

で、私がとった方法は「ブランドの創業ストーリーを調べる」でした。私は広告屋なので商品開発者や創業者にお会いすることが多いのですけれど、やっぱり製品には企業のDNAが宿る!と感じます。なので、創業ストーリーを調べればきっと製品への思いや製品の特徴が理解できるはず。そうすれば自ずと自分にあったブランドがわかるはず。ということで、ブランドの歴史とそのアウトプット(製品・サイト)を調べてみたので、ここに残しておく!

多すぎて終わらない!(弱音)

よし調べるぞ!と思ったのですが、ブランド多すぎるしストーリーがおもしろすぎて調べ終わらない!笑 ので、この記事はイントロということにし、これからどんどん増やしていくことにしますテヘペロ♡頑張るぞー!